節分 2月3日

~~福をよびこもう~~

2月3日は節分です。
豆まきをしたり恵方巻を食べる風習があります。
団欒の席には甘いお菓子も一緒にいかがでしょうか。
楽しい時間を過ごして福を呼び込みましょう。

    POINT01

  • 節分とは?

    「節分」とは季節が移り替わる節目の事。
    立春・立夏・立秋・立冬と本来は一年に4回ありますが
    今では一年の始まりの春の立春が「節分」と呼ばれます。
    平安時代の宮中では大晦日に陰陽師らによって
    旧年の厄や災いを祓い清める「追儺」の行事が行われ、
    室町時代には豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し庶民にも広がりました。

豆まきの意味

節分に豆をまく風習は中国から伝わりました。
豆は「魔滅」に通じ、無病息災を祈る意味があります。
昔、京都の鞍馬に鬼が出た時、毘沙門天のお告げによって
大豆を鬼の目に投げつけて退治したという逸話が残っています。
「魔の目(まめ)」に豆を投げつけ「魔滅(まめ)」に
転じたのです。

    POINT02

  • 豆まきと合わせて団欒の時間を

    豆まきと合わせて是非、皆で楽しむ団欒の時間を
    持ってみてはいかがでしょうか。
    恵方巻を食べお茶やお菓子を囲み、節分に関する話をしたり。
    楽しく厄を祓い、福がいっぱいの春を迎えましょう。

その他の
おすすめ商品Recommended
product