雛まつり

~~すこやかな成長に願いをこめて~~

3月3日は雛祭り。
「桃の節句」「上巳の節句」とも言い、日本では女の子の健やかな成長を願う行事です。
ひな人形、桃の花、雛あられ、菱餅などを供えて、白酒やちらし寿司などを楽しむ節句祭りです。
可愛らしい雛祭りをモチーフとした御菓子と一緒に楽しんではいかがでしょうか。

    POINT01

  • 雛祭りの歴史

    平安時代の京都で遊び事として始まり、同時に「流し雛」として厄除けとして祀られる様になりました。3月の節句の祓となったのは安土桃山時代の事です。

品々に込められた意味とは

【雛人形】:厄を引き受け、災いから守り、美しく成長して幸せになれるように願いが込められています。
【菱餅】:蓬の緑、菱の実の白、くちなしの紅を重ねて、邪気を払い・清浄・解毒作用の効果があります。
【雛あられ】:雛祭りに供えられる節句菓子で、白は雪、緑は新緑、桃色は生命を表しています。
【甘酒】:中国の厄払いの儀式で飲まれていた白酒に由来し、子供でも飲める甘酒が一般的となりました。

    POINT02

  • おすすめの御菓子

    菱餅型のパッケージに、とりどりの繊細で可愛らしい干菓子を詰め込みました。小さな宝物が沢山詰まったような、気持ちも華やぐ贈り物です。
    ※崩れやすいお品の為、オンラインでのご注文は賜れません。
     限定店舗での販売となります(2月15日~3月3日まで)

その他の
おすすめ商品Recommended
product